探偵業務



調査種目

  • 浮気調査
  • 素行調査
  • 身辺調査
  • 結婚調査
  • 信用調査
  • 家出人調査
  • ストーカー対策
  • 盗聴器発見
  • いじめ対策
  • 居所調査
  • 事件調査
  • 特殊調査

ストーカー行為等規正法なる法律で守られる筈の私達ですが、なかなか法の手は身近に感じられないようです。
付きまといや待ち伏せは、女性にとって恐怖でしかありません。交際要求時等の、目に見え、身に迫ってからではなく、“おかしい”、“何か変”と思ったとき、どうぞ恥ずかしがらずに連絡を下さい。きっとお力になれるはずです。

調査内容

「地味な作業のつみ重ね」これが報告書に生かされる。

  • 夫が浮気をしているようだ…
  • いつも誰かに見られているような…
  • なぜ私のプライバシーが筒抜けに?
  • 営業社員が外で遊んでいるらしい…
  • 子供の様子がおかしい…
  • 娘と連絡が取れない…
  • 心に広がる不安感。どうしたらいいのか分からない…
  • そんな不安を払拭するために私たちは行動を開始する。

浮気調査

男と女がいる限り、或いは同性同士においてもパートナーの行動が気になることは何時になっても変わりません。
帰りが遅くなった。ひとりで出掛ける回数が増えた。隠れてメールをしている。何をしているのか?
その不安な気持ちをハッキリさせるために、私たちがご協力いたします。
調査は対象者を尾行しその様子を記録。ご依頼者には写真とビデオ映像にてご報告いたします。

素行・行動調査

素行・行動調査はその目的から多岐にわたります。新たに採用する者に対する調査や結婚相手に関する調査、或いは外回りに出ている社員に対する調査やご子息の行動に関する調査等対象者の素行・行動全般に関する調査です。

信用調査

企業にとって暴力団関係者との取引はリスクが大きいもの。弊社の信用調査は他社に於けるものと少々趣が違い、元警察官、警察職員集団という特性から、取引の相手先が暴力団関係者か或いはフロント企業か等について調査を致します。

行方調査

家族が突然いなくなったり、ひとり暮らしの子供との連絡が途絶える。家族としてこれほど心配なことはありません。何かの事件に巻き込まれたのか、それとも自ら家出をし又は連絡を絶ったのか。行方調査は依頼者である家族のご協力のもと、あらゆる角度における情報収集から始まります。

行方調査はご依頼者のご家族の行方調査を原則としております。ご家族以外の方からの調査依頼、例えば昔の恋人や友人等については、調査の目的等について詳しく聞き取りをさせていただき、また、発見に至った場合でも対象者の方に「居所をご依頼者に告知するのは可能か」について問い合わせることもあります。過去に発生したストーカー事件に依るものですのでご理解ください。

盗聴器・盗撮カメラ発見調査

盗聴器や盗撮カメラは仕掛けた者が何らかのアクションを起こし、その結果被害者が異変に気が付かない限り、仕掛けられていること事態分からない場合もよくあること。

弊社では時より盗聴盗撮電波を探しに外へ出ます。最近の盗聴器は電波が常時出ていない物もあり、外に出れば必ず盗聴電波を見つけ出すということはありませんが、粘り強く探していると発見することができます。盗聴盗撮電波発信元の家を特定したら、盗聴器盗撮カメラが仕掛けられている可能性がある旨の連絡をその家の住人にお知らせします。後はその家の住民からの連絡を待つことになります。もちろん「もしかしたら…」という方からの発見調査依頼も承っております。

ストーカー対策

この数年、ストーカーは単なる付きまといや嫌がらせだけではなく、被害者の身体に危害を加える事件が多くなってきました。

警察も法令の改正や捜査員の専従化等の対策を施していますが、なかなか実情に追いついていないのも否めません。
そこで少しでも被害者の力になれるのが探偵調査会社だと確信しています。当社ではグループ企業の警備会社と協力し、ストーカーに対する調査と被害者の警護を並行して行い一刻も早い解決にお力添えができればと考えております。

いじめ対策

一般的な子供の心理として「親に心配をかけたくない」という思いから、いじめに遭っていることを親御さんに素直に話す子供は少ないものです。しかし、子供なりに何らかのサインは出している筈です。

元気がない。食欲がない。やる気がない。部屋に引きこもるようになった。持ち物がよく無くなったり、壊れている。よく怪我をしている。度々金銭を要求するようになった…等。本来なら、学校が責任を持って対策に当たるべきものですが、上手く機能していないのも現実です。

実際に「いじめ」はあるのか。あった場合はどうするべきか。これらをご依頼者とのコミュニケーションを綿密にとりながら対策に取り組んでいきます。